ATF/CVT交換 オイルを交換するだけで車は変わる!

加速・燃費・乗り心地に直結!オートマチックオイル、CVTオイル交換を! 20000km走行または、2年ごと

利用者レビュー

ATF使用:交換後3000~4000回転の回りかたが特にスムーズになったと思います。
ATF使用:低・中速域での若干のトルク感UPと吹け上がりのスムーズさを体感しました。発信時や街中で違いを感じる事は非常に良い点だと思います。
ATF ECO使用:燃費は意識せず走行しましたが非常にいいです。交換後300Km走行でLあたり1Km改善しました。
ATF ECO使用:どの速度からも加速が良くレスポンスも良いです。
CVTF ECO使用:このCVTFはトルク感があるように感じます。登り坂でもグイグイ上がっていく感じがあります。
CTTF ECO使用:スムーズで軽いのが体感出来ます。レスポンス・燃費も向上しました。

よくあるご質問

オイル交換ってどれくらいの頻度ですればいいの?
Answer
CVTには専用のオイルが指定されていますので、一般に市販されているATFは使用できません。
「ATF」とはどんなオイルですか?
Answer
ATF とは「Automatic Transmission Fluid」の頭文字をとったもので、自動変速機専用オイルのことです。Fluidとは流動体(液体)のことでオイルとは呼ばずに、フルードと呼ばれていますけれど、成分は正にオイルです。オイル自体はたいへんサラサラした柔らかいもの(粘度が低い)で、エンジンオイルとはまったく違う働きをするために専用に開発された製品です。低温時に固くならず、高温でも極端にサラサラになりにくい「粘度変化」に強いオイルです。
最近ATFを交換すると良いと聞きました。本当に交換しなければならないのですか?
Answer
ATFもオイルです。オイルは使用すればするほど劣化して初期性能を維持できなくなりますので、やはり交換は必要になってきます。昔のAT車の取扱い説明書を見てもATFの交換については触れられていない場合が多く、車両メーカー自身も8万~10万キロでの交換を想定していましたが、最近の AT 車では「2年または2万キロで交換」などと書かれている場合が普通です。
カーショップにはたくさんのオイルが陳列されています。判断基準を教えてください。
Answer
オイルパン底部にATのクラッチが作動した際に出る摩耗粉がたくさん沈殿している可能性がある為です。 ATF チェンジャーを利用してATFを交換すると、この摩耗粉を舞い上がらせ油圧回路を詰まらせてしまう可能性が有り、最悪はシフトしなくなり走行不能になったりしてしまいます。 これを解決するには AT 機構のオイルパンをはずし、ストレーナーのクリーニングまたは交換で対応できます。 。

※その他疑問のある方は、お気軽に下記へお問い合せください。

PAGE TOP